東京築地まで行ったので、築地正本で包丁買ってきた。

今回も、東京まで行きなおかつ、築地を訪れましたので、

包丁の築地正本(マサモト)

へ行ってきました。

 

今回は観光とは違ったので、時間がないとあれなんで、事前に決めてました。

 

 

 

ペティナイフの大きいモノでかつ、材質は鋼。

 

あとは菜切包丁ですね。あえて!菜切包丁がほしかったんですね~。

千切りなどこのほうがよくない?と何となく思ったので…それだけです。薄切包丁ではなく

菜切包丁!が伝統的な感じでよろしかったんですね。

 

 

さすがに何本も要らない、柳刃や出刃は買いません!

基本、鋼の包丁は丁寧に使ってきちんと研げば、ずっと使えるので。

鋼の材質がダメダメなのは買い換えましょう。

 

 

 

店舗に入ると、割と混んでいますね。ただ見ている人と本気で買う目的がある人は

また違うものですが、自分はとっとと帰りたかったので

話をしている人を遮って注文。研ぐ時間がかかるので、とっととしておかないとね。

 

なぜかこのときは社長のみだったので。

 

 

しかし、本当に包丁ってのは綺麗なものです。

こう~実態のあるものを作れるってスゴイと思います。

たぶんちょっと違う職だと、こうやって思うものだと思いますが。

 

 

 

で終わり。

 

すばらしい二本です。二本で11400円ぐらいでしたが、

よい買い物をしました。

 

大事に使おうと思います。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください