ついにアシストフック装着!

「餌師の俺には一生無縁だ!」

とスルーしてきたアシストフック。やっぱりバラしが減っていいのかもなと、割りきって…

チャラオ兄さんに相談して、教えてもらい真似して作ってみました。

 

 

広告

 

とりあえずルアーの修復に使うのはこんなところ。

フロロも高いんですよ。だから中古です。

電動リールとか一部以外は中古で十分です。

 

26号、95ポンド巻いてるの?

 

いつもこれです。だから太刀魚なんかにルアーを持っていかれません!

一個勝負ですから!!!!これぞ勝負師ってもんです。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

前回のタチで、リーダーがボロボロで短くなっちゃったので、交換します。

 

自分はノーネームノットで結びますが、普通は10回もまかないと思うけど、30回ぐらい巻いてスッポ抜けないようしてます。結び目で抜けたなんてのは、恥ずかしすぎるので…。

これでとりあえず20キロのカンパチみたいなのが来なければ、釣れるでしょう。

 

 

 

次にチャラオ兄さんの写真を見て真似てつけます。

 

 

でも苦手な作業としてリングをつけるのがあります。ふつうのペンチなので力を入れると

 

パチーン

 

となって、リングがぴゅーーーーっと飛んでなくなります。

 

 

 

 

 

今回も半分、どこかへ消えました。(´・ω・`)ショボーン

 

 

 

ついに付けたぜアシストフック

なんだかんだで完成っす。

 

うまく機能するのか?

全く知りませんが、なんちゃってルアーマンのなんちゃってルアーのなんちゃってアシストフックってことで、ここらで。

 

なんでこの針にしたか?丈夫そうで安かったから。

 

選ぶ基準は

小さいより大きい、弱いものより強いもの、高いものより安いもの

他の噂、評判、ブランド、全く気にしません。

 

これで釣れますから大丈夫です。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

是非とも、皆さんこのニワカ ルアーマンより釣ってくださいよ!(*゚∀゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

ルアー師横目に、コマセで手堅く釣るのが美学なんですけどね。( ̄ー ̄)ニヤリ

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください