40回目「ともわ丸でイカ・連子鯛のリレー 背広で釣りって斬新じゃない?」

今回はY氏の遊漁船デビュー日、元々O氏が予約したのを聞いて、「一名追加で!」と追加してもらい、そこでちょうど遊漁船を探してたY氏がデビューってことになり、三人で行ってきましたよ。

いつものようにホテル前で集合して座席を決め、その後移動して乗船。

まずここが遊漁船はめちゃくちゃ楽。船の前に車を置くし、氷は船長に詰めてもらい、あとは乗ったらとっとと釣りの支度をするだけ。これがここまで楽かってぐらい楽に感じる。

広告

 

本日も探見丸は登場!電池残量に不安を持ちつつも、設置してもらう。

そしてこの三人の共通点は、フォースマスター1000MK持ちな所。(-ω☆)キラリ

 

凪は思ってたよりも良かった。もっとあるかと思ってたけど風もなく快適。

席順は、ミヨシからO、自分、Yの順で。

 

意外と寒くないので、行きは外で三人でいろーいろな話をしながら、のんびりと向かう。

 

しかし話題に上がったのは、船で1人背広で釣りに来た人。後々聞くとフランスで暮らしているよう方で、どうしてもやりたかったようです。でも背広で船に乗ってる人って、初めて見ました。色々な船に乗ったけど、斬新すぎます。

でもそこまで釣り好きなんていいもんですね。ヽ(´ー`)ノ

 

あと、イカとレンコには欠かせないあの自作釣具を作って頂きましたm(_ _)m

これがあるとめちゃくちゃ楽なんですね。1.5倍ぐらい効率が良くなる気がします。

 

 

んでもって、意外と近くで止まる…。ここでやるの??と。。。

 

で、とりあえずレンコをやるよ!ってことで支度。

 

自分は、シマノのバルディS-250 にフォースマスター1000。

 

 

なのでフォースマスター1000のメーターがずれやすいって話題は三人してできたりする(ΦωΦ)

Y氏のタックルはダイワのAグリップ

 

でもレンコは最初は食いが悪い。ドンドンポイントは入れ替えて行くから、そのうち反応が出る。

探見丸を見てO氏が「下のほうが真っ赤になってるよ!」というと見事ダブル・トリプルとかそんな感じだったり。

 

しかし!!!!!

 

奴らがやってくる・・・・・

 

 

赤イサキだと、お祭で放置したってなーんも食いもしないくせに、レンコだと食う歯のある魚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあー食われましたよ。

猛ダッシュで上げるとレンコといえどもばれる率が上がるし。

 

その船で最も餌食になったのがO氏。赤イサキ以外全く釣れない。

釣れるんだけどサメが食ってく。それも100%の確率で。。

そのうちにみんな釣れ釣れ~と。

オトリになっちゃってましたね…。

 

Y氏も自分と同じぐらいサメの餌食になってたかな。でも釣れれば型のいいのがかかってて羨ましい。

自分は釣れたってみんな15センチ以下だよ。連子鯛っていうだけにまとめては釣れるけど、ジンダベラ(ヒイラギ)サイズだよ…

 

さーてイカやるかっていう頃、船長から

「イカはあんまりいい事言ってないので、レンコ延長します~」

と。

 

まあそんなんだと思った。。。。イカレンコに乗る客っておそらく、レンコは保険、本命はイカの人達。

でもレンコを先にやるってことはそういうことなんだろうなと。

 

でも相変わらずやっぱりね、サメの猛攻があったり釣れなかったりそんな感じ。

 

11時からは、さすがに移動。結局、相の瀬まで移動することになる。

 

相の瀬に到着するも、他の船は居なかったね…。

 

反応を探して移動していく。

最初だけは釣れなかったけど、その後はポツリポツリとは取れる。

サバの下にイカがいるのはいつもの感じだね。だからブランコ組はサバをどするかが鍵になる。

逆に言えばサバが着こうがブランコならそう簡単には外れないし。

 

自分は直結のみで勝負してたけど、潮が悪いのかお祭りばかり。

釣りよりその処理で時間を食った方が多かった気がする。

 

それでも終盤はね、反応がよかったよ。三人でゴーンと当たりが出て、自分はお祭りに巻き込まれなかったけど、あとはお祭りに巻き込まれてバラシちゃったけど。

だからお祭りにならなかった人は正味イカ釣りをしたのは一時間半ほどで、釣った人は11杯だからね。

お祭りかどうかが結構な鍵だった。更にいうと左舷右舷で明暗がハッキリとした。

 

帰りはとっとと片付けて、キャビンの中で寝ながら戻る。

やっぱり移動中に、靴を脱いで足を伸ばして寝るだけで体力の回復は違うもんだね。

 

自分は焼津前にきたら海水が汚くなる前にイカを移しておわり。

 

ヤリは一つ。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

釣果

イカはこれだけ。

自分達三人の中ではこれでも竿頭だ!!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

お祭りさえなければもっと取れたよ!

 

浜でアオリやってたUさんのほうがもっと釣った件。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

魚はこんなところ。

レンコは本当にレンコ鯛って感じでした。

 

赤イサキは二本はもらいもの。とりあえずキープしてフライにでもしてみるかなと持ってきた。

なんでも煮付けかフライにすれば食える説を作ろうかなと。

 

 

 

これが何かわからなかったけど、ネットで見るとチカメキントキダイかキントキダイだと思うんだけど

チカメキントキだと下ヒレがもっと長いんだよね。かといって色と体高はチカメキントキなんだよね。

なのでそこら辺がわからない新種ってことで。

 

 

どちらかといえばキントキダイだと思うのでそっちにしとく

 

魚種名 2012年釣果 追加 サイズ・他
太刀魚 297本 指5(4/1,8/18,9/8)
アジ 206本 45センチ(2/11)
サバ 54本 47センチ、0.95キロ(6/23)
イサキ 209本 35センチ(5/20)
赤イサキ 10本 +4 36センチ(9/9, 10/7)
石鯛 2本 33センチ(2/12)
サンバソウ 13本
ヘダイ 25本 39センチ(2/12)
連子鯛(キダイ) 50本 +11 33センチ(9/9)
メジナ 36本 43センチ(5/12)
ヤリイカ 39杯  +1 55センチ(1/8)
スルメイカ 41杯  +2
マイワシ 1本
カサゴ 9本 34センチ(1/14)
沖メバル 1本
キス 5本
ヒラマサ 1本 68センチ、2.6キロ(6/23)
ワカシ 1本
カワハギ 1本
ヒメダイ 3本
サワラ 1本 61センチ(9/1)
シイラ 3本 60センチ(9/1)
キントキダイ 1本 +1

 


Y氏とはまた来月にも、遊漁船で行く事になりそうです。楽しみに待ってますよ。

O氏とはお誘いが来れば、たぶんまた追加してもらうかなっと。

お疲れ様でした。( ^ω^ )ニコニコ

 

 

んでもって余談。

イカは新鮮に持って帰ると、このぐらいいやらしい程までにスケスケです。

これはヤリイカね。そりゃもうね、めちゃくちゃ甘いよ。

 

 

こちらはスルメ。スケスケです。

スケスケだからこそ目立つ。。。あれ。

 

何かわからない?

 

 

 

 

 

アニサキスがめちゃくちゃいます!!!!

さすがに生で食べる気が失せたので、焼きイカにしてアニサキスだけ集めて食べてみましたが

なんか

 

 

甘くて美味しかったですwwwwwwwwww

 

 

たまたまイカの成分がしみこんでただけかも。

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください