3回目「相の瀬 おや?風がそよそよしてるなかでのヤリイカ釣り」

本日もヤリイカですよ。

30隻の船があり平均だと一つの船が6人として、20杯釣ったなら3600杯前日釣られました。

まだまだこの何倍も居るはずなので、取りに行ってきました。

 

 

しかし集合時から風が少し~。御前崎の風も…これは~と。

でもこの予報なら行くしかないってことで向かいます。

 

 

でも現着してから…予想以上に悪い凪!!!!と感じましたね。

広告

 

それも船の先端。。。船長が後ろでやるよういうも支度しちゃったし、朝一発目が釣れるイメージがあり移動も面倒で、そのままで!

 

しかし揺れる揺れる。しゃくる必要がないぐらい、自動しゃくりの座席ですよ。

船酔いはする気がしないのでいいんですが、アトラクションみたいなものです。

 

 

釣りの方もサッパリ。。。。今日は当たらないな~と。周りの船もあまりパッとせず。

 

それでも来るときは来るもんで、

 

 

ガッツーーン

 

 

と来ますね。それも暴れるんで、スルメかと思ったけど、暴れるヤリイカでした(・∀・)ニヤニヤ

二杯も!!!!

 

 

 

しかし、前の方を見ると、大きい波だともう船首と海面がほぼ並ぶほど…。ヤバッス!!

イカだけ流れないよう収納して竿をかけておいたら、本日の自動シャクリ座席はよくしゃくってくれるので勝手にのる!

 

 

その頃移動するぞ~とか言われるけどしなかったり…。でも結局次の一投で

 

 

撤収命令

 

 

見てみたら、イカの漁場が大間のマグロの漁場になってました・・・・

 

やれないことはないだろうけど、遠いのもあり中止ですね。帰り道が長いから。

 

 

その後に石花海もやるけど凪が悪すぎて、ザブンザブンなので、一投で早上がりということで終わり。

 

 

移動に三時間、釣り一時間半でした。でもまあボウズじゃなくてよかったです。

型もいいし、何よりYさんがガッツーンのイメージがわかったことがよかった。

そこまでわかれば後はもう他のテクニックへの移行期です。クーラーいっぱいの日も近いことでしょう。

 

自分もずーっとわからなくて、遊漁船で「イカってかかると重いの?明らかにわかるもの?」とか、おじさんたちに散々聞いてたから…。それがわかればあとは楽ですよ。当たりが取れて違和感も感じられるようになればOK。

 

あとはホントになぎ次第だね。あまりにダメなら遊漁船しかない。船の大きさが違うからもうそれは仕方ないところです。釣れてるのを、指くわえてても仕方ないので、タイミング見て乗るかもしれません。ヤリはこの時期のが最高ですから。


釣果は

三杯+なぜかマイワシがついてたので…。

 

今日のは53センチ。でも三本とも50センチ超で型は良かった。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

年間は

魚種名 2012年釣果 追加 サイズ・他
太刀魚 2本
ヤリイカ 25杯 +3  55センチ(1/8)
スルメイカ 1杯
マイワシ 1本 +1

 

 


港に戻ると静かなもんで、別世界でした…。

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください