12回目「御前崎沖 真鯛遠征 外洋は甘くない」

本日も、おっきい船に乗船です。

メンバーはSさん含めて4名。約2時間近くかけて外洋を目指しますよ。

 

知ってる人はわかるはずですが、名所とのことで…いくと船だらけ。

 

せっかくなので、タックルはBJSバルディフィノ60と電動丸1000プレイズ。

今回もおにゅ~の竿です。やはり2.6mになるとなかなかいいですね。これで持ち竿なら3.6mのもカバーできていると!勝手に思えました。

 

 

いろいろと想定して仕掛けも作っておきましたよ。ある程度事前にアドバイスはもらいますが、やはり釣れている人は状況を見ての変更の判断が違います。無論それが当たるとき外れるときはあると思いますけど、ただ黙ってやるのとは違う気がします。

 

そんなこんなで自分は長め・細め・小さめで、最初は様子を見ることに実はしてました。

 

でも無反応。幸先よく釣ったのはまた自分・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚

でもイサキですけどね。

 

真鯛唯一は、オーナーの一本だけ。

 

ということで3時間でこんなもんだったかな?

Sさんは、完全に船酔いでノックダウンでした。

 

で残念ながら移動ですよ。

 

その後イサキ狙いで行きますが、風と波が尋常じゃない。

そろそろ船の先から波が入ってるんじゃないのかってレベル。

 

(この写真はそこじゃないです。こんなのまだ笑える範囲)

 

 

Sさんもがんばってましたが再びノックダウン。船酔いだけはどうしょもないですね。誰もが気持ちはわかるところです。

自分はぜんぜん平気ですけど。

 

 

イサキはなかなかポイントに乗せておけないようで、反応があるときはパタパタ~と釣れるのでとにかく手返し・手返しです。

自分もクソ下手なので、ダメですよ。仕掛けからませたり。

でも風が強すぎてたまりませんが、泣き言言わずがんばるんですよ!

 

 

最後の終盤、がんばるぜ!と思ったら船長から「******ってことだから、早上がりするから片付けて!」

と急かされ撤収。

こういう事もあるし、いつどうなるかわからないからこそ、手返しです。

 

 

 

 

 

そこからは、スーパーダッシュで帰ります。

 

諸事情は、僕以外から聞いてください。知ってる人は知ってると思いますが、大変でした。転覆するかと思いましたよ。

 

 

とりあえずペラを守る任務をその後してました。港でが一番やばかった…。どう船が動くか最後わからずに…。

 

横風も強いし、海に落ちるかと思いましたよ(笑)

 

まあ無事に、クタクタになって終わり。


バルディフィノ60に関しては、ぴったりだと思う。このサイズまでなら手持ちでそこそこやれます。

ただやはり真鯛竿とはいえないね。バルディフィノ40で御前崎では、使い物にならないと思う。適度な堅さはないとだから、自分は60が良いと思うけど…。


釣果っす。

 

 

真鯛とイサキでクーラーいっぱいにしてやる!と思いましたが、現実は甘くありませんでした。

 

 

 

 

イサキ9本と真アジ2本とわかめ多数です。(笑)

わかめは洗って湯通しして、冷凍してボチボチ食べますよ。朝の味噌汁でね。

 

年間だと~

 

魚種名 2011年釣果 追加 サイズ・他
アジ 211本 +2  41.5cm(2/20)
サバ 2本    
尾赤アジ 3本    
サンバソウ 9本    
ヤリイカ 17杯   62cm(1/8)
スルメイカ 5杯    
太刀魚 29本    
カワハギ 1本    
ウマヅラハギ 1本   36cm(3/5)
イサキ 17本 +9 37cm(3/5)
真鯛 1本   46cm(3/5)
ワラサ 2本   68cm(3/27)
Australian herring 2本   ニシン・コノシロ
Australian Filefish
38本   カワハギ・餌は牛肉

 こんな感じ。

 

イサキのサイズを測り忘れた…既におなかの中なので仕方ありません。

 

 

おつかれした

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください