年に一度の行事「おかっぱりでルアー ヒラメ釣り」

毎年恒例なのか知らないけど、自分の中では年に一度はおかっぱりもやろうじゃないかというのがあります。

なぜか?

何事も自分に壁を作ると、思想が硬直化してろくな事にならないイメージがあるもんでね。

たまには色々な立場にたってみるのは大事だと思うので、年に一度は設けてます!が、昨年やったかは記憶にありませんね。(ΦωΦ)

 

船がメインですが、ガッツリ陸っぱりをやることはないにしろ、別に壁は設けてはいません。

 

広告

元々予定は全くなかったけど、夜に師匠と連絡してたら、今夜もやるっていうことで、「ルアーはあるけど、竿とリールがないから貸してもらえない?」と聞いたら、OKってことで参加決定。

なかなかない機会なのでかなり体力的にも厳しい日程だけど、行く事にしましたよ。

また色々と忘れ物をしてたけど、助けてもらいつつ支度もみんなしてもらって釣るだけでした。m(_ _)m

 

一投目。

どこに投げているのかサッパリわからず、久しぶりに投げる釣りをした感じ。

二投目・三投目…

 

「本当に釣れるの????」

 

と思わず口にしてしまう(*゚∀゚)

 

たまに休みながらボチボチやっていく。

釣れないけど、みんな黙々と投げてやってる。

 

 

いいもんだなぁ~

 

 

と感じる。

なぜか?

 

釣れてるわけじゃないんだけど、みんな楽しんでいるからさ。

 

 

 

ふと浜を見てるとそんなのが見えたりしていい空気です。

 

平日ということもあり、殺伐とした空気もなくまったりみんな好きな趣味を楽しんでるから。

殺伐としてたら二度とやるか!ってなりそうですが。

 

 

 

 

そうこうやってると、薄明るくなり出す。

 

師匠が何やら釣るので見に行くと、ボラ…。

からすみでもお得意の調理マジックで作ってくれるのかと思ったけど、リリース…。

自分は、もうその頃、腕が疲れてダメ。更に長靴だからさ…びしゃびしゃ。

座った時に足をあげたら、長靴の水がパンツまで流れ込んできて、もうね吹っ切れた。

 

師匠も濡れた格好を見て(・∀・)ニヤニヤしてるけど、その頃

奥の方の人がヒット!!!!!

 

 

竿が曲がってる!!!!みんなの注目の的になる。

ヒラメか?と見てると、その人…なんか最後でフックアウトしてテンパったんだろうね、ヒラメを素手で取ろうとした挙句に思っきり転倒。その直後に波が来て、全身びしょ濡れ。。。

 

師匠と顔を合わせてキョトーンとした後、大爆笑。

俺より濡れてる人がいるね!って事で。

でもその人、最後まで頑張ってました。そこまで寒くなかったのは自分もだけど幸いだった。

 

結局、ポイントを変えたりして粘るも反応なく終了予定時刻の8時になり終了。

 

釣果はゼロ

 

でも楽しかったですよ、今年の釣りでトップ5に入るぐらいは。

 

次回やる時は、ちょい投げキス釣りでもやろうかなと思いましたよ。2000円ぐらいの竿だけ買ってきて。

 

 

 

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください