24回目「焼津沖で太刀魚釣り。結果はとーぜん」

朝っぱら…というかド深夜に釣りに行ってきましたよ。

 

 

集合してから支度をしてもエサはコッチコッチ。すぐに解凍して、最初のポイントからスタートです。

 

 

しかし一回目こそ反応がないものの、二回目タナ15の指示で、そろそろ回収しようかな~と思ったとき

 

広告

 

コココン!


バシッ!

 

 

 

 

幸先良く、ぴったりあわせて!ゲット。なかなかのサイズでビックリ。

 

幸先良いんじゃないの?

 

なんて思っていると、周りもボチボチと釣れてくるが…なかなか続かない。

 

自分は当たりすらない…。

 

 

でも周りはそれでもボチボチと釣るのに、自分は餌だけ取られたりかじられたりと、当たりがわからない上に、ラインが絡まり、竿先のケミカルが海に…。

当たりが余計わからず、最も釣れるピーク時間帯へ。

 

この時間帯、強烈なイワシの反応。その周りに、太刀魚とサバがついている状況。

 

周りがパタパタと上げ始める中、相変わらずこつこつとあっても、かじられるだけとか、迷走し始める。

 

結局、本当に短い地合も波に乗れず…。周りはタチ3本・サバ2本ぐらい釣ってるのに自分だけ1本。

 

 

特に、トモの反対側の仲間は、ドンドン釣るから焦るけど、焦ってもダメ。

 

 

 

つくづく思う。

 

 

太刀魚だけは、

 

 

誰かに勝てる気がしない!

 

 

つまりビリのポジションがピッタリな感じ。

 

 

俺に負ける・同じ=スーパー下手くそ級

 

 

そのぐらい苦手意識がある。だけど真鯛と違うのは、苦手でもタチはやはり釣ったときの

爽快感が別格。

 

 

明るくなり、イワシの群れが消えたとたん反応も薄くなる。

 

 

 

 

移動するも、ぜんぜんダメ。もっと反応がない。エサもかじられなくなった。

 

でも一応はタチはいるようなんだが、食い気がないみたい。

 

 

でまた移動。

 

そこでも反応悪し。

 

反対側の仲間が、片付けを始めたので自分も始める。

 

 

そのまま地合もこず、周りの船の反応もサッパリ。

 

そのまま終了~。

 

どこかの船では大きな真鯛をあげてたけど、真鯛より太ったサバが数倍も羨ましい…。

 

味噌煮にしたかった…。ゴマサバではなく、マサバだったからね。イワシを追ってるから

おいしいのは絶対。

 

でもほしいときに釣れないのがサバってやつなんですね。


チョッチョッ

 

釣果~

 

 

 

コレ1本のみ。指4本あって食べがいはありそう。

 

ペットボトル氷だから、ぴっかぴっかのタチだ。久しぶりにピカピカでうれしいよ。

 

ただ小さなクーラーだったから曲がってしまったのがガッカリだが、まあいいとします。

 

 

 

魚種名 2011年釣果 追加 サイズ・他
アジ 255本   42cm(5/1)
サバ 64本   45cm(6/2)
カツオ
9本   6.1kg(8/10)
キメジ
2本   4.3kg(8/10)
尾赤アジ 3本    
サンバソウ 10本    
ヤリイカ 17杯   62cm(1/8)
スルメイカ 5杯    
ムギイカ
83杯   スルメイカの子供
太刀魚 35本 +1  指4本(8/15)
カワハギ 1本    
ウマヅラハギ 1本   36cm(3/5)
イサキ 104本   37cm(3/5)
真鯛 1本   46cm(3/5)
レンコダイ
2本   34cm(6/2)
シキシマハナダイ
4本    
ワラサ 2本   68cm(3/27)
メジナ 3本   40cm(6/17)
沖メバル 4本    
キス
2本    
Australian herring 2本   ニシン・コノシロ
Australian Filefish
38本   カワハギ・餌は牛肉

 

 


反省は

 

自分が最も短く硬い竿だった。

そこらかね…。

 

渋いときは、柔らかめの方がいいのかもしれないなぁ~。。

 

 

太刀魚は苦手ですよ。

 

 

 

 

 

 

(  TДT)

 

 

 

でも皆さん乙でありました!

ありがと~

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください