博打メジ狩りへ

T船長に「博打だよ」と言われながらも、メジへ行ってきました。

伊豆沖までなので、大きいOさんの船に同船して向かいました。4時出港。メンバー4人で、T船長の知り合いの人です。名前は~忘れちゃいましたが二度目です。前回タチで同船しました。

焼津方面の東側は白波が立ってましたが、伊豆沖はべた凪。石花海を越えた当たりから波が収まってきました。

 

さて現地到着5時半。いよいよスタートです。ポイントは~他の船もたくさん来てますから

秘密じゃないでしょう。伊豆の波勝ロボです。僕が聞いてたポイントでした。

 

 

 

メジカツオは他の釣りに比べればシンプルなので、すぐに用意はできます。

コマセだけ解凍しておけばOK。

 

 

 

ドンドンコマセを撒きます。

が釣れないね。いつものカツオだと、船猛ダッシュ→投入→釣れても釣れなくても一回で移動

なのに完全回遊待ちの釣り。

 

なので止めることもできず、ただただ魚へ餌やり?それとも海水汚染?

 

たま~にお菓子を食べつつ、話をしつつ釣りをするも釣れない。

時計を見て、時間と解凍とコマセ量を微妙に調整しつつコマセ撒きを続けます。

 

しかし釣れません。9時過ぎでだいぶ諦めた感があります。釣れる時はこの時間までに釣れて早上がりも多い時間ですから。

周りの船というと釣れてないことはないけど!かなり~キビシイです。半分の船はゼロだと思います。

見てて思ったのは、ルアーと細いハリスで対策している船がそれでも少しは釣ったかなと。

それでも船中1本とかそんなレベル。

 

幸進も来てたけど、あまりダメそうで早々にも引き上げていきましたし(その後アジ中心の五目やったみたいだけど、それもパッとしなかったようだね)、他の船も他の釣りか帰るのか…そんな感じでした。

 

結局11時前にして「ラスト一本!!!!」の声がOさんより出ましてみんな最後にやり終了となりました。

 

でも写真はないけどボーズではないです、ツムブリは実は釣れたんですよ!ただ20センチもないやつですがch32.gif、15号ヒラマサ針のハリス30号でよくまあ~釣れたなと

 

ボーズという最悪の結果は、船釣り初回以来ないのが、まだよかったところでしょうか。

 


 

帰ってから、いろいろと話をしてから解散。せっかくなので焼津の上州屋でオキアミ三枚買って帰ってきましたよ。

 

釣れないときの疲労感って独特で心身共にドッときます。。

 

片付けが終わり、洗濯待ちで横になったらもう動きたくない。

洗濯もそのままで寝ました。

 

起きたら4時半。

 

13時間半も寝てました…なかなかですね。

でもある意味じゃあ、充実した休みでしたよ。

 


反省はなし!

今日はそのぐらい激渋で何もかもわからん!挑戦するだけですよ。

 

船長、Oさんともお世話になりました。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください