シマノ BJSバルディフィノ60-210+Bとバット20N-DPを買ってみた

釣り具強化月間最後の品はこちら

 

 

 

ということで

シマノ BJSバルディフィノ60-210+Bと

バット20N-DPです。

 

バットは短い方は持っていたので長いのを購入。ズームタイプとかいろいろとあるけど、それを使うような釣りは自分はしないので、これだけでOK。トリガータイプは使い回しがききにくいのでダメ。

 

 

バルディフィノ60は主にワラサ・大型真鯛で御前崎というイメージ。

40と比べると随分と固く感じる。ただ40でワラサがかかると竿がグニャグニャで寄せるに苦労するので、ワンランク堅めを一つチョイス。元径が1mm太いので、ちょうどいいと思う。

 

 

バットと合わせると、長さが2.6m。これが限界です。

 

 

 

80と100も触ったけど、さすがに固すぎて、買う気にならない。これなら持ってるアルファタックルのが近い感覚でカバーできるので要らない。

 

 

 

バルディフィノがなんだかんだでちょうどいいかも。

短めならリーディングXA55シリーズ。←ただし既に入手困難

 

 

時と場合って事で。


これで釣り具強化は終了です。

 

 

ちょっとなんて物じゃないぐらい無駄遣いしまくったので。

 

 

景気が良くなることを祈ってますよ。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください