オーストラリアで釣りしてみた。一回目

とりあえず、お約束通り、釣りです。

 

どんな場所で釣りをしているのか。

 

なんか釣りって感じがしないですかね。そうですか。

焼津って感じはしないですね。確かに。

 

 

買っておいた道具はこちら

とりあえずこれだけ。サビキは船用っぽいけど。。。

横のはステッカー。パソコンのレノボってのが嫌いなので、これをパソコンに貼ることにした。

 

 

 

さー釣りしますよ~。太いラインで、サビキと一応餌。餌は冷凍ばかりで、基本的にはキビナゴと小さいイカ。イカはイカタンみたいにすれば持ちがいいってことで。

だけど地元の人たちの様子を見ると・・・・

 

牛肉が多くてびっくらこきます。それで釣ってるからびっくり。

 

 

桟橋の入り口にはこんなのがあります。

持って帰ってよい魚のサイズ、数は制限されていて、ダメなのを持って帰ると罰金など厳しい~っす。そこらにメジャーがあるのも面白いですね

 

 

桟橋から釣りを始めますが、いきなりコツコツとはヘボタックルでも当たるんですが、全く乗りませんね。たぶん針が大きすぎるんでしょう。

 

そのうちようやく一匹乗ってくれました。なにかな~と思ったら

 

なんて魚ですかね。スキッパーとか言ってた気がするけど、食べられるらしいんですよ。

ニベに似ているのかな~なんて思ったけど、今ネットで見ると違いますね。

とにかく楽しいのは、20センチぐらいなのに強烈に引きます。ちょ~楽しいですよ。

追記、ぜんぜん違った。日本名でニシンでした。

 

 

でも、とにかく乗りません。

アタリもわからないので、手で触ると小さな当たりはわかりますが…やはりのりませんね。相当小さな魚か、餌がでかいんでしょう。

投げたりいろいろとやりますが、同様ですね。

 

結局、入れ食いと聞いてましたが、とりあえずこれで一回目は終わり。

 

ここでは、桟橋に魚の処理場所があり、ホテルに持ち込むと怒られます。必ずここで解体して帰ります。写真は後で撮っておきます。

 

でその解体場所のあたりは浅いので、仕掛けをそのまま落とすと、魚が見えます。

 

すぐに釣れました。

 

初GT。wwww

 

 

しかしよく見ると、GTというかメッキですが、それ以外にも結構います。カワハギのような魚もいますし、

 

とにかくサヨリと思われる魚がウジャウジャいます。

 

もう少しなんとか別の魚が釣れないものかと思いますよ。

 

 

 

その後、やっぱり竿がほしいなぁ~と思ってセール品をゲット。35ドルだから3000円ぐらいかな

 

 

こんなスペックです。まあどうなんだかよくわかりません。材質もなんなのか…。中がスカスカなので太い割には軽いです。カーボンですかね。竿先はグラスというかプラスチックというか、よくわかりません。

 

リールのラインがナイロン3号ぐらいだと思うんですが…手で思いっきり引っ張れば切れます。。。これではいくらなんでもエギングには弱いのでは…と。

 

 

 

餌木を生まれて初めて買ってみた。セール品で二つで8.90ドル。800円ぐらい?

いいんだか悪いんだかも、サッパリわかりません。とりあえずオレンジがなんとなくよさげでこれにしました。

 

イカスミの跡はあるので居るにはいるようです。ただたくさんいないでしょうけど。

 

 

初のエギングが異国になっちゃいますが、もう歩いて30秒で海なので、出撃しまくりますよ。

 

明日が祝日なので、今日中にほしいものは買わないと。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください