餌にするサンマを激安で買える方法を教わりました。

広告
-------------------------

秘密じゃないと思うんで、少し書いてみます。

 

 

エサ師はルアーと違って、ルアー代はかかりません。根に引っ掛けても仕掛け代は手作りならたかがしれてます。

普段かかる出費は、船代と餌代になります。遊漁船は餌込みの場合もありますし、太刀魚なら遊漁船は餌込みがかなり多いですが、ルアーも船代はかかりますから、餌代がエサ師はかかるわけですね。誰でもわかりますが…。

太刀魚や底物で使えるのはサンマです。ここらの地域はサンマが餌として多く使われますが、

これを安く買えると大きいんで…。釣具屋だと40切れぐらいはいって650円ぐらい?

便利には便利ですが、高いですね。

一本のサンマから12切れは最低取れるので3本半あれば650円分ができてしまうわけです。

 

 

スーパーで一尾78円であっても、自分で作るほうが圧倒的に安い。

 

 

でもそんなのぶっ飛ぶぐらいの安さで買えます。(*´∀`*)

 

 

どこで買うか

まず向かう先はこちら

 

小川漁協外港冷蔵庫

 

 

ちなみに私…17時までだと思い堂々と行ってしまいましたが…終了後でした。(快く売ってはもらえましたが)

時間は7時半から16時までだそうです。

 

 

ここの横に事務所の入り口があり、そこに入りますと、

入り口に魚の値段が書いた紙が置いてあります。

 

 

あるのは…確か、サンマ・鯖・イワシとなんかでした…忘れた。

 

 

サンマは二種類ありまして、80尾入り2000円と100尾入り1700円の2つがあります。

サイズがかなり違うということなので、80尾にしました。

その場でお金を支払うと、奥の冷凍庫を操作して一つ取り出してきてくれます。

 

 

そんなこんなでゲット

ただし産地はよくわかりません…。

 

しかし一尾17円と25円の二種類、これは大きい!

 

でもわかってるように、10キロ単位なので、しまえる場所がないと全くもって話になりません。

なのでない人は既にこの買い方は無理ですが。

 

使い方

 

まず開けるとこんな感じです。

 

サイズはスーパーにあるものと同じぐらい。30センチはありませんが25-30センチほどでしょうか。

 

 

しかし、コチコチになっているので、まずは解かす必要があります。

自然解凍でシャーベット状になったら、小分けするほうがいいでしょうけど、せっかちなら…水で解かすしかありません。

 

 

せっかちなので・・・・・

風呂に水を張って、サンマ投入。

 

 

 

 

 

こんな感じでバラけたら、必要な分だけにわける。

風呂は洗わないと怒られるし…

こんな事やって許される家がどれだけあることやら…

 

 

 

 

自分はサンマは一本さばくのに30秒はかけません。

 

まず包丁は切れまくるよう研ぐのは当然、できれば材質からこだわるとうまくできます。

で、写真のように首のところから中骨までを切ります。

あとは手で引っ張ると、新しいサンマは頭と一緒に内臓がツルツル~と取れます。

もちろん冷凍サンマは急速冷凍してあるので、鮮度はバッチリ!

 

腹の中は脂だらけで人が食べてもおいしいですよ。

 

当然ですが

餌用として売られているわけではないので、

食べられます。

 

 

内臓はツルツル~と取れなくても気にせず、そのまま一発で片身を取ります。

内臓はそのままでもいいです。気になるなら包丁で取り除けばいいし。

もう片方も同様に一発で取ります。

 

 

 

ここまでで一尾13-14秒程度で自分はやります。15秒はかけないが目標です。

 

 

 

あとは切り身にします。タチウオ用は長く切るのがコツです。厚さより長さ。

細さはあまり問題になりません。

ですが、大量にあると時間を掛けたくないので、自分は6切れでさばきますが、小さいものは5切れ。

だいたいこんな感じにして、あとはジップロックに小分けにして冷凍です。

 

餌ならこれで十分です。内臓や血がベタベタしてても、別に餌なら気にしません。

 

売り物としては成立しませんが自分が使えるなら。

人に足りないからと分けるにしても、それが嫌なら使わなきゃいいよって思うしね。(おそらくそんな日は、それだけ釣れてるでしょうから、そんなことをいう人は居ないでしょうけど)

 

ちなみに80本さばくと、だいたいバケツ一杯ぐらいの切り身ができます。

広告

コメントを残す