イカ竿のガイドが外れてしまったので修理した

広告

週末の烏賊釣りで、竿が破損したので早めに修理した。

 

週末の釣りはお祭りが多くて、

その祭った仕掛けをまとめて引っ張りあげた時、船の流し方が悪くて糸が下に入った状態で、更にミヨシで、なおかつ置き竿で巻き上げたので、ガイドに負担があまりにかかりすぎて、ガイドが取れてしまった…

 

ので、早めに修理する。

ガイドは折れたとしても、前のネルビオの竿先を残してあるからそこからガイドは再利用できるのでいいけど、確認したところ特にガイドの破損はなく、ただ外れただけなので取り付けさえすればOKだった。

 

 

前の修理の糸とエポキシ樹脂はあるので、費用も特になく、手間だけ。

 

221310072548001

 

今回は一色でそのまま巻いただけ。この方が簡単で良い。エポキシで固めておけば別に取れることはないと思う。

 

 

なぜこんな壊れ方をしたのかは謎。

 

イカ竿なので竿先に極端な負荷がかかっているのは事実なんだけど、その上で糸も真下じゃないから、そんな中でガイドに緩みも出てたんだろうけど。

それでも…やっぱりこういう故障は…。糸が細めな気がするのと、エポキシをもう少し厚くしといてくれれば起きなかったんじゃ…とは感じる。

 

なのでついでに他のガイドもエポキシを塗って厚めにしておいた。

 

 

この竿をどこかに売る気もないので、自分が良ければ自由な話なので好き勝手に直して使っていきますよ。そのたびに修理に出したり竿を買い換えてたらもったいないし。

 

 

まっイカ釣りは予備竿を持ってきてこそ、烏賊釣師ですよ。(≧∇≦)ブハハハ!

広告

コメントを残す